【 マネックス債とは? 】

 

現在、個人投資家に人気沸騰中なのが
マネックス債 です。

売りだしてすぐに売り切れることでも有名です。

マネックス債の情報が欲しい、また購入したい!
という方は、まずマネックス債の販売開始の事前情報を
メルマガで受取るため
、マネックス証券の口座開設をしましょう。

photo1

 

マネックス証券の人気ポイント

・金利が脅威の税引き前年率:1.1%

例えば一般的な銀行の定期預金が 大体0.1%前後
ですから この金利の凄さ が分かると思います。
ちなみに個人向け国債が、
3年満期で0.07%くらいです^^;

 

・満期が短い!

国債などは満期まで3年・5年・10年ですが、
マネックス債は1年で満期

 

・安心の投資適格

信用格付の日本格付研究所(JCR)では、
『投資適格』として評価されているので安心です

 

・少額から購入可

マネックス債は、1万円単位で購入可能 です。
同様に人気のあるSBI債では、10万円以上から1万円単位になるのでまずは少額から試したいという方は、
マネックス債がオススメです

 

・円建てなので、為替リスクがゼロ!

マネックス債は円建ての社債なので、海外投資などと
比べると為替リスクがありません。

海外の銀行定期預金など高金利のものもありますが、
円高が進むと、金利よりも円に戻す際に損をすることも
多々あります。

マネックス債の販売については、実際に私も電話で
確認しましたが, 未定としか回答してもらえませんでした。

販売開始の情報は、マネックス証券に口座開設すれば
メルマガやニュースレターなどで知ることができますので、
マネックス債に興味のある方は、とりあえずマネックス証券の
口座開設をお勧めします。

マネックス債のデメリット

今までメリットばかり書きましたが、マネックス債にも
もちろんデメリットもあります。

良いところ・悪いところを、しっかり知って自分に
合う金融商品か吟味しましょう。

 

・満期を待たずに売却すると損することも…

社債なので6ヶ月の満期以前に売却するとその時の時価での売却となり購入価格より安くなる場合があります…
とは言っても満期半年ですので
大抵の人は我慢できますよね^^;

 

・発行している会社が倒産したら、元本保証はありません。

マネックスグループ株式会社が倒産したら、
購入した社債は価値がなくなります。
そう聞くと不安になるかもしれませんが、
日本で今まで社債が不履行になったことは殆どありませんし、マネックス債の場合は第三者格付機関の日本格付研究所(JCR)が『投資適格』の評価をしているので、
こちらもデフォルト(倒産リスク)はほとんど無いでしょう。

ちなみにマネックスグループと同じ評価だと、
新生銀行や、東北銀行などです。

新生銀行や、東北銀行が潰れるとは思えませんよね。
それと同程度のリスクということです。

ちなみに誤解している方が多いですが、銀行の預金も1000万円を超える金額は元本保証外です。
預金している銀行が破綻したら、1000万円以上の預金は保証されないリスクがあります^^;
だったら金利10倍近いマネックス債の方が個人的にはオススメです。

私の周りの資産家も銀行の定期預金に預ける方は
ほとんどいません^^;

大体、
マネックス債、SBI債などの債券市場、金など現物資産、海外投資など、いくつかに分散しています。

金や海外投資は、価格変動や為替の動きなど、
かなり複雑な情報や知識がいるので、

「あまり投資に時間を割きたくない」
「できるだけ安全な資産保護目的で」

という方にはマネックス債はオススメです

photo3