ネット証券を選ぶポイント

株式投資をしている人で、店舗を持っている総合証券ではなく店舗を持たないネット証券で取 引している人も最近ますます 増えてきているようです。 どちらにも特徴があり取引する人に会った方を選択すればいいと思いますが、ネット証券といえば口座管理費が無料であることと取引手数料が安いことが理由で 選んでいる人多いです。 今は昔のように電話で営業マンに注文を出すような注文方式でななく、自宅のパソコンからネットで注文を出すことが一般的なのでネット証券も普及してきまし た。その中でも数ある会社の中から取引する会社を選ぶポイントは、手数料・取扱銘柄数・取引ツール・分析ツールなどが挙げられます。 手数料は、期間限定や取引金額によって無料もところもあります。 取扱銘柄は、各社によって違いますが、取引銘柄が多い方が選択肢が広がるので有利です。 取引ツールは、画面が見やすいだけでなく操作が簡単なものや機能がたくさん付いているものなどあるので、自分のレベルに応じて選択しましょう。 分析ツールは、基本的なテクニカル分析のツールだけでなく、豊富にある方が自分にあった取引ツールが見つけやすいです。 このように選ぶポイントは数多くありますが、自分のお金を預ける会社なのでよく比較して選びましょう。

 

ネット証券の再編淘汰

金 融ビッグバン以降、ネット証券が台頭し既存の証券会社の収益構築態勢に影響を与えている。野村証券は子会社として設 立したものの、果たしてなかなかうまくいかずに撤退の憂き目を見ている。 そもそも既存の証券会社の営業スタイルに問題があったのではという点と、売買手数料や資産管理にかかる手数料の高さが個人投資家離れを招いたのではないか と思われる。 翻ってネット証券においては、過度な宣伝や売買の強要などはなく、自己責任という時代の風潮と相まって急速に存在感を強めたきらいがある。 しかしながら、ここまで順風満帆という事ではなく、生き残りをかけた激しい生存競争が繰り返された結果、現在に至っている。 業界大手として名前が浮かぶのが、松井証券、マネックス証券、SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券等があげられる。 個人投資家が証券の売買を考えた時に、現在では当たり前のようにネット証券が候補の第一に挙げられるようになった。 個人投資家も一つの会社に限定することなく、サービスや手数料、使い勝手の比較をしながら、経済状況や自身の余裕資金に合わせて使い分けしながら賢く利用 し状況を見守っている。 今は過当競争も落ち着きを見せているが、いずれまた大きな再編の嵐が証券業界に襲い掛かるかもしれない。

 

個人向けマネックス債の特徴

マ ネックス債は傘下にマネックス証券があるマネックスグループが発行する社債です。一般的には債券は満期前に売却する ことができることもあります。その場 合は、株式と同様に価格が変動しています。しかし、満期まで保有していれば元本と利子の支払いを約束されている金融商品です。株式には、発行した企業が上 場廃止になったり倒産したりするリスクがありますが、債券にも発行した会社が借金を返せなくなるリスクはあります。マネックス債の場合、格付け会社による 格付けはBBBとなっています。つまり債券には多少のリスクが存在することがあるものの、預貯金と比べて利率が高いことが多いのが特徴です。マネックス債 の場合も大体年率で1パーセント以上が提示されています。この債券の特徴は、少額から買うことができることです。1万円単位で申し込めるため、確実に満期 まで運用できる金額分だけ購入することができます。また、円建て債券であるため、為替変動のリスクがありません。外貨建て債券の場合は利率は高いのです が、為替変動のリスクが大きいため将来受け取れるであろう儲けや損失が読みにくいところがあります。ところで、マネックス債は定期的に購入可能というわけ ではありません。募集は不定期的に行われ、購入は先着順になっています。

 

SBIグループのSBI債の特徴

SBI 債はSBIホールディングスが発行する債券です。債券は企業がお金を借りたときに、借りたことを証明する証書です。SBI債を 買えば、SBIグルー プにお金を貸したことになるわけです。SBI債の特徴に、円建てであることがあります。債券が円建てということは、為替が変動しても影響がないということ です。よく年率で5パーセントや10パーセントといった債券が販売されているのを見かけますが、そういったものはまず間違えなく外貨建て債券です。外貨建 て債券の場合、払い込むお金や受け取るお金が円であっても、実際には外貨建て債券を買った時点で外貨を買うことになります。買ったときの為替レートより も、満期が来てお金が戻ってくるときのレートが円安になっていれば良いのですが、戻ってくるときに円高になっていれば目減りしてしまいます。いくら債券の 利率が良くても、それ以上に為替が動けば損をする可能性もあるわけです。円建ての債券でも外貨建ての債券にも、発行した企業が借りたお金を返せなくなるリ スクはあります。このため、万が一のことを考えて無理をして投資をしないことが大切です。SBI債の場合、10万円から購入できるため、自由に買い付け額 を設定しやすく、リスク管理がしやすくなっています。